complacence

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

悔し泣き

悔し泣きをしている選手を見ていると

自分は泣けるほど一生懸命だったのだろうか

と考えてしまう

悔し涙を流したことはあった

けど、今思うとそのうちの幾つかは安堵からかもしれない

タイムが出ないことはわかっていた

限界は感じていた

けど、そこで自分から諦めたくなかった

ドクターストップは何度も無視した

それはタイムとして現実を突きつけられなかったからできたんだと思う

けどあの時ついに突きつけられた

やめたくはなかった

中3の時の繰り返しだと思った

それだけは嫌だった

もう一回やるだけやろうと決めた自分を裏切ることになる

そんな気がした

けど、どこかでほっとしていたかもしれない

やっと諦められる

どこかでそう思っていた気がする

監督は『小山は他のコーチの誰よりも泳げることの幸せを知っていると思う。それを選手に伝えていって欲しい』と言ってくれた

ちょっと自信がもてなくなった

今まではそれだけを誇りに頑張ったのだが

それすら揺らぐとは……

これをやってると本当に色々考えさせられて、少しずつ成長できている気がする

やっていてよかったなっておもえます
スポンサーサイト




  1. 2006/08/19(土) 16:23:22|
  2. 水泳|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ksmall59.blog7.fc2.com/tb.php/165-cdb993c5
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。